クラウドファンディングを始めました

いつもお世話になっているイオさんが企画してくれた2020年2月の銀座での個展の費用をクラウドファンディングで集めています。リターンの商品は全て今回限定として魂込めて制作しました。是非皆様のご協力よろしくお願いします。

【EXHIBTION】 "温故知新 参"

-尾張過ぎ 風来坊の 掌中天河-
 

風をテーマに制作した今回のメイン作品は、自身の両手をピンホールアートで忠実に再現した2つの作品を羽根のように配置し、その中心に自刻像を置き、空をはばたいている風来坊を表現している。「掌中天河」と名付けた両手の作品を作る発端は、手の皺が細かく多い事がコンプレックスだったが、不思議と眺めているとその流線に銀河の流れを感じ、いつしか愛着を持つ様になったからである。自刻像の着ているタンクトップは、実際に数年着用した愛着のあるタンクトップに今は亡き影響を受けた偉人達の名前をひたすら殴り書きで書いた物である。

 


日程10/16-10/22(月曜休館)
開館時間10:00-17:00
入場 大人800円 高校大学生600円 小学中学年400円

場所 大一美術館
453-0843 名古屋市中村区鴨付町1-22 052-413-6777

【EXHIBTION】 "温故知新 弐"

…土用過ぎ 根津に根付けば 月光る…


オープニングレセプション
8/24 12pm-7pm

 

KONMASAによる個展、温故知新 弐は新作「月」の発表。作品は左から見ると皆既日食、右から見ると満月になっており、1枚の絵で様々な楽しみ方が出来るようになっている。そして、コウサカワタル プロデュース、空間の微細を感じるサウンドインスタレーションを実施。さらに、この機会に根津という地域をより知って頂く為に、周辺の様々なお店に月の写真も同時展示されます。

ワークショップ

8/23 4pm-6pm

小学生向けに紙コップを使ってワークショップをねづくりやにて実施します。


入場無料 [場所] ねづくりや 
東京都文京区根津2-22-9

【EXHIBTION】 "温故知新 壱"

-七夕に 光り輝く 咲く桜-

KONMASAによる光の作品の初個展。

雨の日が多い七夕に星の桜を咲かす。

新作の桜3部作に加え、映像作品、北斎の冨嶽三十六景複製も数点展示。

日時: 2019/ 7/7 5pm-10pm

 

場所: The Life Standard

東京都港区麻布十番3-6-9

 

料金: 前売り: ¥1200 当日: ¥1500 (1ドリンク付)

2019 EATING THE PAST

WHITE SWEATSHIRTS​

過去の贖罪を食す、をコンセプトにKONMASAが過去に撮影した写真を食材に見立て撮影している。過去を受け入れ、未来へと進む決意を込めて制作した。

パーカーは1型10枚限定生産で、表面には0から9までのシリアルバーコード付き。

2018 BODY PARTS BLACK HOODIE

在米時代Still lifeの撮影専門だったKONMASAが人物撮影の依頼を受ける事に常に疑問を抱いていた。そして自らの歪んだ感情がBODY PARTSシリーズの誕生となった。

BODY PARTSシリーズは全て廃棄処分とされるマネキンの一部を用い撮影している。

パーカーは1型10枚限定生産で、表面には0から9までのシリアルバーコード付き。

2018 SPHERE Tee

画家René Magritteの”Voice of Space”からインスピレーションを受けたKONMASAによる作品”SPHERE”シリーズは全てピンポン玉にペイントを施し撮影している。

この宇宙全ての形は球体から成り立つという持論から、球体だけで形成した作品を作り、それぞれの色から感じる個性を表現している。

Tシャツは1型10枚限定生産で、表面には0から9までのシリアルバーコード付き。