sns1.jpg

落合悦子 個展「心象風景」が9/30~10/12開催

重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている名古屋市有松にあるアートビル「KONMASA」にて、
落合悦子の個展が9月30日から10月12日まで開催されます。

 

藍染めと絞りの素朴な美に魅せられて20年余り。

糸をほどく時のワクワク感は今も新鮮に感じる。

自然界に作られたものや景色、そして自分の心の揺らぎをデザイン化し、

シンプルで力強い藍染で表現するのを意識して創作している。

伝統的な藍絞りと現代アートの尖った感覚が融合することが、

今の自分の目標となっている。

色彩の華やかさは無いが藍の濃淡のバリエーションが、

見るひとに安らぎを与えてくれればと願う。

フランスでのアート展で藍染作品が評価され、改めて藍の美しさを才覚にさせられた。

藍絞りそのものでなく、その生地の組み合わせという新たな手法でアート作品を制作し続けたい。

【展覧会情報】

落合悦子

個展「心象風景」

 

2021年9月30日(木)~10月12日(火)

11:00~20:00(水曜定休)

 

開催場所

KONMASAビル

〒458-0924 愛知県名古屋市緑区有松1905 コンマサビル 2F

 

WEB   : https://www.konmasa.com/

TEL   : 052-825-3477

Mail   : art@konmasa.com

Instagram: @KONMASA

 

 

【作家プロフィール】

落合悦子

岐阜女子短期大学被服専修卒業 / 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業
NHK「藍と絞りデザインクラス」入会
2008〜16

武蔵美卒業生グループ展 (千疋屋ギャラリー)
2010〜19

新制作展入選6回 (新国立美術館)
2014〜21

MAAグループ展 (元麻布ギャラリー)
2015

ヨーロッパパッチワークミーティング (フランスアルザス)
2018

Artextures10 入選 (フランス)
2019

グループ展 (金沢21世紀美術館)
2021

Artextures11 フランスパッチワーク協会賞受賞 (フランス)
その他

有松絞りまつり、絞りとデザイングループ展、犬山で個展