haya_postcard copy.jpg

嵐絞り藍染作家 早川嘉英
「STILL ALIVE in ARIMATSU」
8月11日(木)-10月10日(月)

国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業

早川嘉英は、絞りの町である有松にて生まれ育った生粋の絞り職人であり、絞り染色の根幹にある魅力の進化と「伝えること・絞ること」をテーマに、絞りの概念を超えた作品を発表し続けています。

1980年代から、従来の絞りの固定概念を覆す絞り技法で様々な作品を制作しており、2000年代には、名鉄線有松駅周辺通路やエレベーター壁面にもその作品は使用され、2006年には、高さ13mを超える有松駅にあるモニュメント「藍流」の制作監修しています。
これらは、絞り生地を砂型へ加工し、コンクリートやガラスの素材にも絞り柄を映し出しています。
また、近年では、絶滅状態にあった有松の奇染「嵐絞り」を、長年の歳月をかけ、その技術を復興・復活させました。

今回展示される「STILL ALIVE in ARIMATSU」は国際芸術祭「あいち2022」の連携企画事業として開催されます。有松絞りの産地から、絞り染めの「今」を作家、早川嘉英が表現します。今回の作品は 嵐絞り・本藍染を軸に作家、早川嘉英の変化し続ける創造した産地発の作品、嵐絞りの原点「KIMONO」そして「Vertical Horizon」の構成で会場を演出し、この先も続くSHIBORIを感じていただきたい作品展です。
絞り染め一筋、76歳の作家が創造をくり返し、全て新作の変化し続けるSHIBORIの世界をお楽しみ下さい。

本展覧会は国際芸術祭「あいち2022」現代美術展チケット(1DAYパス、フリー パスいずれも可)を持参の方は、入場料が無料となります。(通常500円)


【展覧会情報】

STILL ALIVE in ARIMATSU
早川嘉英
2022年8月11日(木)~10月10日(月) 11:00-18:30(最終入場18:00)

会期中作家トーク&ライブ(要予約DM) 各定員15名 入場1000円

・8月13日 18:00~オープニングトーク「糸の表現 おと」
ゲスト:チェリスト 紫竹友梨

・9月24日 18:00~「STILL ALIVE 古楽器からのメッセージ」
ゲスト:フルーティスト 森本英希

・10月10日 18:00~「Vertical Horizon」 ピアニスト 犬飼裕哉(予定)

【同時開催イベント】
吉田泰昌クレパス画ワークショップ
参加費 大人¥3000 中学生以下¥1000 (持ち物なし)
・9/11(日)
第一部11:00-12:30 (定員10名)
第二部15:00-16:30 (定員10名)
・10/9(日)
第一部11:00-12:30 (定員10名)
第二部15:00-16:30 (定員10名)

開催場所
KONMASA The Art Building 2F
〒458-0924 愛知県名古屋市緑区有松1905 KONMASAビル
WEB : https://www.konmasa.com/ TEL : 052-825-3477
Mail: art@konmasa.com

国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業 https://aichitriennale.jp/collabo/coop.html


早川 嘉英
【作家プロフィール】
1946年 名古屋有松に生まれる
1981〜83年 新工芸展
1982年 日展、明日を開く新工芸展(入賞)
1983年 名古屋にて初個展、以後. 東京、京都等にて開催
1985年 蔵工房主宰、シボリコミニティ成立代表
1992年 第1回ISS国際絞り会議発起人、企画委員会委員長
1995年 SDA(サーフェース・デザイン・アソシエーション)ナシャナル会議、ポートランドworkshopリーダー、EUジャパンフェスタ ドイツ/トリアWorkshopリーダー
2000年 纐奕の4人展(京都むろまち美術館)
2001年 清流展、シボリコミュニティ・サンフランシスコ展、有松駅自由通路ガラスレリーフ製作
2002年 シボリコミュニティ海外巡回展(タブリン.ロンドンハロゲート)、有松交通広場エレベーター側面アルミレリーフ製作
2003年 シボリコミュニティ・オーストラリア展
2006年 有松交通広場モニュメントデザイン及び制作監修
2008年 シボリコミュニティ・フランス・リヨン展
2014年 シボリコミュニティ・プラハ展
2015年 シボリコミュニティ・愛知県美術館ギャラリー
2017年 シボリコミュニティ・広島県立美術館ギャラリー
2019年 シボリコミュニティ・高野山まちなみ美術館

公式ホームページ: https://www.arashi-hayakawa.com/